« 鎌倉建て主塾 移住登録について | トップページ | 3)最低限の常識 賃貸&購入時期 »

移住コンサルティング実績(古家再生編)

古民家を再生して住むことはロハスの視点からも有意義かつ経済的なことです。同時に古くからの街並みも維持されるので社会的にも価値がある行為と考えています。

101mtmt 102nisikama 103nkmr

104swk

戦災を免れたために、大正から昭和初期の古民家が鎌倉周辺には沢山残っています。また、築20年ほどのものでも、日本の中古住宅は価値を過小評価されているので、再生にエネルギーを注げば、良い住まいに仕立てることができます。多くの塾生さんが古家再生に取り組みました。また、古民家を単なる住居ではなく、文化や情報発信の場と考えることで、利用価値は広がっていきます。古民家の活用とバリューアップを目的として鎌倉古民家バンクというサイトを運営し古民家の活用促進の活動をしています。

ご相談はまず移住登録を
Bttn0

« 鎌倉建て主塾 移住登録について | トップページ | 3)最低限の常識 賃貸&購入時期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鎌倉建て主塾 移住登録について | トップページ | 3)最低限の常識 賃貸&購入時期 »